Bestact
文字サイズ

ベスタクトリレーと他社リレーの違い

遮断時間の比較

金属シール接点リレーの約1/8の遮断時間
①ベスタクトリレー(グロー放電による遮断)
②気中接点リレー(アーク放電による遮断)
③金属シール接点リレー(アーク放電による遮断)

サンプル画像

電気的寿命の比較

金属シール接点リレーの約3倍の電気的寿命
①金属シール接点リレー
②気中接点リレー
③ベスタクトリレー

サンプル画像
一般の金属シール接点リレーや気中接点リレーは直流誘導負荷を遮断する際、アーク放電(※1)が発生するため、接点の消耗が大きい傾向にあります。
一方、ベスタクトはグロー放電(※2)による遮断のため遮断時間が短く、接点の消耗も少ないため長寿命です。

※1 アーク放電    ※2 グロー放電 

微小負荷での故障率比較

気中接点リレーの約20倍の信頼性
①ベスタクトリレー
②気中接点リレー

ベスタクトはガス封入及び独自の接点機構により故障率が低く、信頼性は約20倍です。
サンプル画像

◆ベスタクトと一般リードスイッチの違い

独自の接点構造により定格電流や電気的寿命にて圧倒的な優位性があります。

◆ベスタクトリレーと他社リレーの違い

ベスタクトはグロー放電による遮断のため遮断時間が短く、接点の消耗も少ないため長寿命です。

◆ベスタクトの定格・仕様

接点容量の異なる2種類のベスタクトの詳細仕様についてご紹介いたします。

◆動作時と復帰時のメカニズム

動作時および復帰時にバネの力を利用し、耐振動・耐衝撃の構造となっています。

◆ベスタクトの駆動方法

駆動方法は「電磁コイル」と「永久磁石」があります。

◆ベスタクトが使用されている場所

高信頼性、長寿命等の特徴を生かし、様々な生活インフラや産業用設備にご採用いただいております。