Bestact
文字サイズ

ベスタクトが使用されている場所

ベスタクトは、その高信頼性、長寿命等の特徴を活かし、様々な生活インフラや産業用設備にご採用いただいております。

鉄道車両

サンプル画像1
新幹線の自動列車制御装置、傾斜システム、VVVFインバータ制御装置のインターフェースリレーや、ドア開閉検知用スイッチに採用されています。

鉄道信号

サンプル画像2
ATS(自動列車停止装置)の信号切り替え用リレーに採用されています。耐振動性及び高接触信頼性や保全性のご要求にお応えしています。

鉄鋼・化学・石油プラント

サンプル画像1
各種原材料の取り扱いや海岸地帯の立地条件から、塵埃・腐食性ガス・雨水(汚泥)・塩害の伴う厳しい使用環境条件で、各種機械の位置センサや操作器に採用されています。

一般産業

サンプル画像2
重機械や一般産業機械(油・塵埃・水等が掛かる機械)に近接スイッチが採用されています。

電力

サンプル画像2
超高圧電力ネットワークで事故や故障が発生した場合、その区間の送電を止める遮断器を操作する指令用リレーに採用されています。

医療

サンプル画像1
医療機器を操作するフットスイッチに採用されています。

野菜工場

サンプル画像1
野菜生産工場の垂直搬送ロボット指令リレーに採用されています。

エレベータ

サンプル画像2
エレベータ停止位置でドアが“開”状態で運転することを防ぐため、エレベータに設置される停止位置検知用センサに採用されています。

市場別の活用事例(一部)の詳細はこちら ▼
  • 鉄道車両・鉄道インフラ
  • 鉄鋼
  • 電力
  • 港湾
  • エレベータ
  • 生産自動化

◆ベスタクトと一般リードスイッチの違い

独自の接点構造により定格電流や電気的寿命にて圧倒的な優位性があります。

◆ベスタクトリレーと他社リレーの違い

ベスタクトはグロー放電による遮断のため遮断時間が短く、接点の消耗も少ないため長寿命です。

◆ベスタクト接点の定格・仕様

接点容量の異なるベスタクト接点2種類の各種詳細仕様についてご紹介いたします。

◆動作時と復帰時のメカニズム

動作時および復帰時にバネの力を利用し、耐振動・耐衝撃の構造となっています。

◆ベスタクト接点の駆動方法

駆動方法は「電磁コイル」と「永久磁石」があります。

◆ベスタクトが使用されている場所

高信頼性、長寿命等の特徴を生かし、様々な生活インフラや産業用設備にご採用いただいております。